井倉洞(いくらどう)

井倉洞

日本三大鍾乳洞にも数えられる『井倉洞』

壮大な井倉峡の石灰岩の絶壁に入り口のある『井倉洞』。日本三大鍾乳洞にも数えられ、全長1200m、高低差90m。洞窟内部には、さまざまな形の鍾乳石や石筍が続き、日本一を誇る「天の岩穴」から落ちる滝、ありさの滝、音の滝の3つの滝がある。
住所:岡山県新見市井倉409 TEL:0867-75-2224(株式会社井倉洞) 駐車場:有料200台・(無料もあり)

井倉峡(いくらきょう)

井倉洞

美しくダイナミックな峡谷

井倉峡(いくらきょう)は、岡山県新見市井倉にある、高梁川の流域のカルスト台地の中に滝、鍾乳洞などが点在する風光明媚な景勝地域。岡山県高梁川上流県立自然公園特別地域。
住所:岡山県新見市井倉409 TEL:0867-75-2224(株式会社井倉洞) 駐車場:有料200台・(無料もあり)
トップへ戻る

満奇洞(まきどう)

井倉洞

岡山県指定天然記念物

昭和4年に情熱の歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから、満奇洞と呼ばれるようになりました。
住所:岡山県新見市豊永赤馬2276-3 TEL:086-74-3100(満奇洞管理事務所) 駐車場:無料200台
トップへ戻る

羅生門(らしょうもん)

井倉洞

大自然が創り出した美しい造形

井倉洞から近いところにある石灰岩の巨大なアーチ。長い年月の末に石灰岩から出来た天然の造形物。標高400m前後の草間台地にあり、石灰洞の天井の一部が陥没して生じた。天然の石門としては東洋一を誇る高さ40mに達する石灰岩の巨大アーチ。
交通:JR伯備線井倉駅/満奇洞行きバス/羅生門口徒歩10分
トップへ戻る

絹掛の滝(きぬがけのたき)

井倉洞

白く絹を垂らしたような優雅な滝

国道180号線沿いにあり,井倉峡の一部としてJR伯備線や車中から眺めることができる。白い絹布を岩肌に掛けたように優雅で美しいところから,滝の名が付けられた。11月上旬から中旬にかけての紅葉も見応えがある。
JR伯備線井倉駅/車10分 中国自動車道新見IC/車30分 駐車場:普通車20台 バス2台
トップへ戻る

草間自然休暇村

井倉洞

日本三大鍾乳洞にも数えられる『井倉洞』

標高400mのカルスト台地にあるカルスト山荘は、美しい溪谷が一望できる、豊かな自然環境に囲まれた長期滞在施設。焼き肉ハウスや展望風呂などの施設もあり、幅広くご利用いただいています。
住所:岡山県新見市草間8729-2  TEL:0867-74-2077
ホームページ:http://www.kusamadai.com/
トップへ戻る

新見美術館

井倉洞

新見の風土と歴史を盛り込んだ均整のとれた美しい姿

新見美術館は、郷土出身の横内正弘氏(故人)から寄贈を受けた美術品約350点をもとに、地域文化の向上をめざし平成2年11月1日にオープンしました。現在では、1100点余りの作品を収蔵。
住所:岡山県新見市西方361番地 TEL:0867-72-7851 駐車場:有料200台・(無料もあり) 休館日:月曜日
ホームページ:http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/index.html
トップへ戻る

新見千屋温泉 いぶきの里

井倉洞

日帰りでお気軽に、お泊りでのんびりと

新見千屋温泉「いぶきの里」は、鳥取県との県境、岡山県新見市最北に位置する温泉施設。爽やかな気候、豊かな自然に囲まれた良質な温泉は心身ともに癒してくれます。また、炭酸水素イオンが多く含まれたお湯はお肌にやさしく”美肌の湯”と言われています。
住所:岡山県新見市千屋花見1336-5 TEL:0867-77-2020
ホームページ:http://www.chiya-onsen.jp/
トップへ戻る

船川八幡宮秋季大祭

井倉洞

船川八幡宮で『土下座まつり(大名行列)』

新見船川八幡宮秋季大祭の御輿の御神幸に際して,その前駆を務めている。元録10年(1697)に新見藩主となった関備前守長治が,御神幸の警備に当たらせたのが始まりと伝えられており,毎年10月15日に行われている。
住所:岡山県新見市新見1781 TEL:0867-72-6136(新見市商工観光課)
トップへ戻る

哲多町金ボタル発生地

井倉洞

日本一の金ボタル発生地

文化財 記念物(天然記念物) 金ボタル・発生地(天王八幡神社) 昭和34年3月27日岡山県指定 この地に生息する金ボタルは、全国的にも珍しいホタルとして珍重されています。学術的にはヒメボタルという名前がつけられています。
住所:岡山県新見市哲多町本郷246-4 TEL:0867-96-2113(新見市哲多支局 経済建設課)
トップへ戻る